タイヤFAQ(よくあるご質問)

タイヤに関してよくある質問やトラブルに関して長輪がお答えします。

タイヤの交換時期はいつですか?タイヤの寿命はどのくらい?

タイヤの交換時期はスリップサインとゴムの劣化具合をチェックして判断します。
スリップサインは、タイヤの溝が1.6mm以下になったことを警告する印。タイヤのサイド部に周上6ヶ所表示されています。これが一部だけでも表示されたら交換をおすすめします。

また、あまり車を使わない方はタイヤの溝のすり減りが少ないかもしれません。しかし、ゴムは時間が経つと強度や柔軟性が損なわれます。ご購入から5年以上経つ場合や、指定空気圧を下回っている場合、表面にひび割れが出来ている場合は使用継続に注意が必要です。

Back To Top

タイヤの点検は、定期的にするならどのくらいの間隔でするのがいいのでしょうか?

タイヤの点検は、最低でも月に1回行いましょう。
点検では、空気圧、スリップマークの表示、表面のひび割れやキズの有無を確認します。
空気圧は、車両ドア部に記載された指定空気圧を確認して調整を行ってください。
定期点検以外でも、長距離運転や高速道路を走る前にタイヤの安全確認をしましょう。

Back To Top

パンクしたらどうすればいいのでしょうか?

img_about_us

車を安全な場所に停止させて、スペアタイヤに交換しましょう。
スペアタイヤは車のトランクや後部に取り付けられているのが一般的です。
スペアタイヤでは都合が悪い場合や、ご自分では取り付けられない場合などはどうぞ長輪にご連絡ください。長輪のスタッフがかけつけます!
急なトラブルに備えて、当社の携帯サイト(http://www.e-nagawa.jp/m/)のご登録をオススメします。ぜひご活用ください。

Back To Top

タイヤを買う時のどんなことを考慮して選ぶのいいのですか?

車と同様、タイヤにも乗り手の目的や車の性能に合わせて様々な種類が用意されています。
タイヤ購入の際は、それらを考えて愛車にぴったりのタイヤを選びましょう。

もっと燃費がよくならないかな?
走行音が気になる。
走行時の挙動がなんだか不安定。

など、不満はありませんか?それらの問題の原因は車にあると思っていませんか?しかし、車を乗り変えたり、手を加えなくてもタイヤを見直してあげるだけで解決することもあるのです!
長輪はタイヤのマッチングにより、お客さまにより良いカーライフをご提案いたします。

Back To Top

エコタイヤは普通のタイヤとどう違うのですか?

エコタイヤは、通常のタイヤと比べ転がり抵抗が小さく、低燃費。
ガソリンの消費を押さえることで、CO2排出量を抑え、地球温暖化を抑制する効果があるのです。燃費がいいからお客さまのお財布にも優しいのがいいですね。

Back To Top


モバイルサイト

突然のタイヤトラブル時に

スマホ対応モバイルサイトも稼働中!いつでもどこでも長輪情報をチェックできます。

  • 総閲覧数:46627
  • 今日の閲覧数:5
  • 昨日の閲覧数:18